イントロダクション 次回公演情報 セカンドファイル ファーストファイル 物語の世界へ ブログ お問い合わせ

『控訴審〜大陪審セカンドファイル〜』

劇団衛星の裁判演劇第二弾!(註1)
※物語は独立したものですので、単独でも十分お楽しみいただけます。


(註1) 第二弾

「大陪審」の約1年後の世界が舞台です。

劇団衛星10年ぶりの野外劇!〜何故裁判をお寺の庭で・・!?

現実の日本でも、2009年5月21日から国民が裁判に参加する「裁判員制度」が始まりました。
本作品では、観客の中から任意に選ばれた陪審員の審判で、物語のエンディングが決まります。お気楽なくだらない事件で、真の民主主義とは何かを、体験してみませんか?


初演時の判決結果

原告勝訴3回/被告勝訴1回/原判決支持1回

今回の事件のあらまし

控訴人:劇団人畜無害 代表 元山伸雄(註2)
被控訴人:城北観る魅る工房 代表 北澤京子

劇団人畜無害(本拠地・京都)は、200キロほど離れたとある街で作品の上演を行った。様々な舞台芸術を鑑賞するサークル「城北観る魅る工房」による、招聘公演だった。元山達は、一生懸命上演したのだが…、早い話が、彼女達は上演料を払ってくれなかった。

元山は、知的好奇心と執念を燃やして、インターネットでいろいろと調べまくって、簡易裁判所に訴えを起こした。が、簡裁は事件が多すぎるのか、何だかあんまりきちんと審理をしてくれない感じで、足して2で割ったような、「原告一部勝訴」の判決が出た。この判決は、知的好奇心と執念に加えて、元山の闘争心にも、火をつけてしまった。
かくして、特設分離法廷における大陪審によって、その控訴審が執り行われることとなった!

・第一審判決文(PDFファイル)

(註2) 劇団人畜無害とは

京都を拠点に活動しているらしい、架空の劇団。

上演記録

■初演:2009年5月

日程:5月17日〜19日 計5ステージ
会場:真宗仏光寺派大善院・中庭(註3)

キャスト:ファックジャパン 黒木陽子 紙本明子 小林真弓 大下眞次
蓮行 首藤慎二(ベビー・ピー) 森上洋行 山口吉右衛門
クールキャッツ高杉 村松敬介 小嶋海平(以上、イッパイアンテナ
映像出演:城下英行 糸井登 西村和代
協力:NPO法人フリンジシアタープロジェクト/真宗仏光寺派大善院
特別協力:イッパイアンテナ 
京都芸術センター制作支援事業

(註3) 上演時写真

■初演



footer